毎週更新!マスターの人気ブログ記事紹介

<このページでは、当店マスターが毎日更新しているブログ記事の中から、

過去に反響のあったものを毎週ご紹介します。>

平成29年02月05日 浅草雷門 クローバーカフェ  ラテアートでかわいい動物の絵をコーヒーカップに描く『どうぶつカプチーノ』が大人気の喫茶店 『初めての店に入る前のドキドキ』

はじめてのお店に入る前。あなたはドキドキしてますか?それに限らず、「初めて自分が体験する事」という場合には誰しも緊張するものです。

 

期待と不安、これから始まる体験を事前に頭の中でシミュレーションをしたり、様々なことを思いめぐらせますよね。

 

決して居心地がいいとは思えないこの緊張状態ですが、実は私達のカラダにイイというのをあなたは知っていますか?

 

本日紹介するブログ記事では、こういった緊張状態とはどんなものなのか?またそれを安定させ、健康に結び付けていくにはどのようにすれば良いのかなど持論を綴っています。


今週の紹介記事はコチラ←

 

 

平成29年01月31日 浅草雷門クローバーカフェ 世田谷、目黒などの東横線沿線のオシャレカフェに負けない、アンティークな内装の喫茶店。『余裕がないはダメ』

『油断大敵』。「余裕だ〜。」などと気を緩めると、大きな失敗をしてしまう事を戒める言葉です。


よく油断してると風邪をひくなどといいますが、私は間違いだと思います。


「余裕」がなければ、風邪に注意を払うどころか、気を緩めることすらできないのです。


今週紹介するブログ記事は、ストレスがかかり風邪をひいてしまう人のケース、それぞれに対する戒めを自戒もこめて綴っております。

 

今週の紹介記事はコチラ←

 

 

平成29年01月22日 浅草雷門クローバーカフェ 低糖質のシフォンケーキやかわいいラテアートで笑顔。そして健康。しあわせな喫茶店経営を追求する下田勇人 『狭くとも深く』

例えば、プロ野球などにおいて『犠打日本一』、『盗塁日本一』など総合力は低くても一つの分野において誰にも負けない成績を残している選手。


その分野の中で深く技を極めることで、唯一無二の存在となり、結果総合力の高い選手よりも人々の記憶に深く刻まれることになります。


それは飲食店においては専門化する、商品を特化すること。それは総合的な飲食店にはない価値を以てお客様の深い支持を得る方法ではないでしょうか?


今週、紹介の記事では当店が商品を特化したことによって得られたメリットと、今後も、狭くともお客様の深い支持を得るために貫く当店の決意を綴っております。

 


今週の紹介記事はコチラ←

 

 

平成29年01月16日 浅草雷門クローバーカフェ 銀座線、都営浅草線の駅から近く、電源やフリーwifi、充電器貸出も便利な喫茶店 「もったいない」事していませんか?

「もったいない」。何かを惜しむ時、無駄にしてると考えた時に口にする言葉ですが、大きな意味合いを含んだこの「もったいない」という言葉は海外にはなく、日本独自のものだそうです。


ただ、「もったいない」を使う私達日本人も、お金に絡めてだったりその物自体だけに焦点を当てて、この言葉を使いがちです。


ですが、「もったいない」の感覚は人それぞれ。お金やその物だけではない観点から考える場合や必要もあるのではないでしょうか?


今回紹介するブログでは、ある事柄に対してそれを「もったいない」と思うか否か。その基準とすべき事は一体何か等について持論を綴っております。

 


今週の紹介記事はコチラ←

 

 

 

 

 

平成29年01月09日 浅草雷門クローバーカフェ 正月も節分会でもにぎわう浅草寺近くの喫茶店「お待たせします。」

当店の近くには初詣で有名な浅草寺があり、正月、特に三が日は大勢の参拝客、観光客が訪れ、当店にも多数の方のご来店があります。


多数のご来店の方の中には、当店で時間を気にせずくつろぎたい方もいらっしゃる一方で、帰りの電車時刻までくつろぎたい、あまりくつろぐ時間がないといった方々もいらっしゃいます。


この時期はそんな、来られるすべての方にご満足いただくというのが難しい理由があります。


今回のブログでは、正月三が日のような混雑、繁忙が予想される日程だけに限らない当店の接客、サービスのスタンスについて綴りました。

 

 

今週の紹介記事はコチラ←

 

 

 

平成29年01月05日 浅草雷門クローバーカフェ 由緒ある浅草の浅草寺近くの喫茶店 理想の自分を作るために必要な『イメージ』

 

理想と現実の違い。人なら誰しもが考え、思い悩み、時にはそれを目の当たりにし、道を挫折するきっかけにもなります。

 

自分の理想を現実に近づけていくためには、まずその理想を限りなく明確にイメージする必要があります。

 

しかし理想をイメージするだけなら誰でもできる事です。それと同時に大切なこととは何なのか?

 


今回、紹介するブログでは、自分の理想を確固とするためのイメージと現実へ向き合う事の大切さについて綴ってみました。

 

 

 

 今週の紹介記事はコチラ←

平成28年12月26日 浅草雷門クローバーカフェ  浅草の銀座線、都営線、東武線の駅から近い喫茶店。いにしえの喫茶店のマスターの海外への果てない『憧れ』が生んだ、海外由来の日本食。

もはや、日本人にはおなじみの「スパゲッティナポリタン」や「ピザトースト」。

 

海外由来ではあるものの、現地とはまったく製法が違い、それらは日本人が作り出した『日本食』であるといえます。

 


今でも長く愛される、喫茶店発祥のそれらの日本食。まだ海外との交流が一般的ではない時代に生まれたのです。

 


今回、紹介するブログでは、それらが生まれた背景や、いかなる想いがその原動力であったのか等を綴っております。

 


今週の紹介記事はコチラ←

 

 

 

 

 

 

平成28年12月20日 浅草雷門クローバーカフェ 浅草駅のそばだから商談や待ち合わせにも便利な分煙の喫茶店 決断の重要性とストレス

「何を着るか?」「何を食べるか?」など一般の人なら誰しもができる決断。


しかし、「決断」することは大なり小なり人にストレスを与えるものです。


しかし年齢を重ね、ましてや重要な地位につくほど「決断」はとても大変なものとなり、よりストレスを感じやすくなります。


外国の首脳や名経営者と呼ばれる人たちのなかには、毎日身に着ける決めた物を変えない人もいます。


大きな決断をしなければならない立場の中で少しでも「決断」というストレスから逃れるための工夫だそうです。

 

今回、紹介するブログでは、「決断」とは人にとってストレスになると認識したうえで、当店がお客様に対して心がけたい事について書いてあります。

 

 


今週の紹介記事はコチラ←

 

 

 

平成28年12月12日 浅草雷門クローバーカフェ 浅草観光におすすめの喫茶店は、おみやげのシフォンケーキも販売中。物を贈る習慣は、相手を想う機会のもてる貴重なもの

お中元やお歳暮など、日本の人に物をおくる習慣。とかく社交辞令のため、義理を果たすためなど、使命感に駆られて行うきらいもありますが、


昔から現代にまで続くことや本質を考えれば、これらの習慣がとても貴重で大事なものだということが見えてきます。

 

今週紹介するブログ記事では、なぜ人に物を贈る習慣が私たちにとってとても大切な役割をはたしているのかをを書いています。

 

 

今週の紹介記事はコチラ←

 

 

平成28年12月06日 浅草雷門クローバーカフェ

浅草でドトールコーヒー、エプロントなど有名カフェのはざまで営業する喫茶店 開店11年目のクローバーカフェ 立ち上げのきっかけと継続の大切さ

 

当店が開店して10年経ちます。

 

10年という月日は決して短いものではなく、その間ご来店いただいた多くの方々や、当店にたずさわって下さった方のおかげで継続することができたと考えます。

 

商売を続けていく事は、大変でもありますが大きなことを得る喜びもあります。そして、商売というのは続けていくことによって本当の意味が見えてくるものなのだと思います。


今週紹介するブログ記事では、当店の立ち上げのきっかけとなったエピソードと、商売においての続ける事の大切さを書いています。

 

 

今週の紹介記事はコチラ←

浅草寺の雷門からすぐ。モーニングセットやシフォンケーキのセットがおすすめの喫茶店 クローバーカフェ 「変化は自然。そして・・。」 平成28年11月 28日 浅草雷門クローバーカフェ

当店もおかげさまで10周年を過ぎ11年目に入りました。

 

スタッフ、サービス内容なども開店当初と比べると時の流れと共に、大きな変化を遂げて参りました。その変化は季節の移り変わりや変化同様、時代やお店の成長を考えるとまさに自然なことでもあります。

 

今回紹介するブログでは、当店が「変化」というものをどのように捉えながら日々営業を続けているのか等を綴っております。

 

 

今週の紹介記事はコチラ←

銀座線・都営浅草線の駅からすぐの喫茶店 ラテアートのどうぶつカプチーノとシフォンケーキのセットがおすすめのクローバーカフェがプチリニューアルを実施!平成28年11月28日 浅草雷門クローバーカフェ

11月12日より当店はメニューやコーヒーカップ、制服などを一新し少しリニューアルいたしました。


今回のリニューアルによって当店が、お客様、そして働く私達にとって今まで以上により良いお店となると信じております。


今週紹介のブログは2本です。当店の具体的なリニューアルの内容紹介とその目的や当店がめざす事について書いたものです。

 

今週の紹介記事はコチラ@←

今週の紹介記事はコチラA←

浅草駅前の喫茶店 スイス輸入生地のクロワッサン、ペリカンさんの食パンを使ったモーニングが大人気のクローバーカフェ クロワッサンと デニッシュの違いとは? 平成28年 11月15日 浅草雷門クローバーカフェ

当店のクロワッサンはスイスからの輸入生地を毎朝店内のオーブンで焼いております。

クロワッサンはフランス発祥のパンですが、ヨーロッパでは、呼び方は違えどポピュラーなものとして存在してます。


その中で国内でほとんど製法は同じでありながら区別され呼び分けられているのが、クロワッサンとデニッシュ。


いったいどこが違うのか?

今回紹介のブログ記事は私マスターが身近で感じた疑問をもとに調べ、書いたものです。

 


今週の紹介記事はコチラ←

浅草駅前のシフォンケーキとラテアートコーヒーのセットが人気の喫茶店は昔ながらのココアも評判。ところでココアって、何語なの? 平成28年11月07日 浅草雷門クローバーカフェ

当店はココアはホット、アイスともにご用意があります。しかし年間を通すと多くの方の「あったかい飲み物」というイメージ通り、ホットの方が売れ行きはいいです。

 

 

ココアは昔ながらの喫茶店にはなくてはならない飲み物となっていますが、例えばココアは何語なのか?

ココアは健康にいいと聞くけれどどういいのか?

昔、みのもんたさんがどれだけの主婦を熱狂させていたか、最近の若い人が知らないくらい、私たちもココアについて知らない事がたくさんあります。

 


今回のブログ記事は、ココアという、『英語』や『日本語』について、あまり普通には知られていない話しを書いてみました。

 


今週の紹介記事はコチラ←

浅草観光におすすめの喫茶店 雷門クローバーカフェはスタッフの服装はお客様に安心感を与える要素と考える 平成28年10月31日 浅草雷門 クローバーカフェ

観光や知らない土地に訪れ自分の好みのカフェや喫茶店を選ぶ際、

店内に入るまでにどういったお店なのかを外からうかがい知るには、

メニューや看板だけでなく店外から見える、

そこで働くスタッフの様子や来店している客層も私たちは参考にします。

 

そういう意味で、スタッフの服装は当店がどんな店かをお伝えするための大事な要素であると認識しています。

 

今回のブログ記事は、上記の要素だけではなく、

店内においてもお客様がより安心して過ごせる要素としてのスタッフの服装について書いたものです。

 


今週の紹介記事はコチラ←

ダイエットや健康維持にも関係する? 浅草駅前の喫茶店クローバーカフェが『疲れた時の甘いもの』の常識を考える 平成28年10月24日 浅草雷門 クローバーカフェ

「疲れた時には甘いものが欲しくなる」

また、「疲れた時に甘いものを食べると元気になる。」

これらは多くの人が経験している事実であり、もはや常識ともいえる事であります。


しかし、体の働きから考えると、過度の糖分の摂りすぎはカラダにとって様々な影響を与えるようです。


今回紹介する記事は、当店マスターが人気商品『低糖質シフォンケーキ』を開発するにあたって知った、「常識」にまつわる過度の糖分摂取の危険性についてのお話です。

 


今週の紹介記事はコチラ←

浅草雷門近くの喫茶店 古きよきコーヒー文化を新たに創出することを目指す。平成28年 10月17日 浅草雷門 クローバーカフェ

近年、ライフスタイルの急激な変化により、古くからある『喫茶店でゆったりとコーヒーを嗜む』。といった文化が、時代の波に流されている感があります。

 

その時代を生きた多くの人々が懐かしむ、喫茶店のコーヒー文化が栄えた時代。

 

 

今回紹介するブログは、『喫茶店』として当店が未来において果たすべき役割、目標について、過去の喫茶店文化を振り返りつつ
書いたものです。

 

今週の紹介記事はコチラ←

【商談・待ち合わせ】都営線、銀座線どちらの駅にも近くて便利な喫茶店クローバーカフェが考える、『余裕のある人』平成28年10月8日 浅草雷門 クローバーカフェ

当店は、フロントの看板が特徴的なこともあり、待ち合わせにはピッタリの喫茶店ではないかと思います。

現に商談や待ち合わせのご利用も多く見かけます。その中でひと際『余裕』を持って相手と対峙できるできる人の特徴とは・・。

今週はマスターの経験上思う『余裕のある人』についての記事を紹介します。

 


今週の紹介記事はコチラ←

早朝オープンで朝活にも最適。モーニングのおいしい喫茶店 銀座線浅草駅そばのクローバーカフェが重視する『価値観』 平成28年10月03日 浅草雷門 クローバーカフェ

土日早朝オープン、ペリカンパンのモーニング。など私達が最良だと考え提供している方針やサービスでも、すごく評価してくださるお客様もいれば全く見向きもしない人もいます。


それは個人の主観という十人十色の『価値観』があるからです。この人にとってここに訪れるのはどんな価値を感じるからなのか?


自分の主観でイイと思う店なら簡単です。たとえ嫌だと思うお店で、それが見つけられたら一つの価値の認識になります。


今週の記事では、マスターが最近心がけてやっていることを通して、さまざまな『価値観』の認識ができるのでは?と考えるオハナシです。

 

今週の紹介記事はコチラ←

浅草駅スグの喫茶店である当店が、お客様に気軽に立ち寄っていただけるようにした『ある事』とは? 平成28年9月23日 浅草雷門クローバーカフェ

駅前で便のいい当店が、もっとお客様に気軽に立ち寄って頂けるように『ある事』をしてみました。

 

店に来られて、それについて話しかけてくるお客様もチラホラ。好評です。

ただそれは、毎日続けないといけない作業です。物事はなんでも面倒になったり、惰性だと続かないものです。

 

今週ご紹介の記事では当店がした『ある事』と、日々の生活におけるマンネリやモチベーションの低下に打ち勝つための大切なことを書いてみました。

 

今週の紹介記事はコチラ←

健康にもオススメの『朝活』。続けるコツは、「朝活〇〇」にあり! 平成28年9月22日 浅草雷門クローバーカフェ

早起きしてできた朝の時間は、何にも縛られることのない自分だけの時間。

夜更かしして作る時間よりも集中力が高まり、健康的で自己研鑽にも最適な『朝活』。

ただ、「朝活」=早起きはどうも苦手で。という方はけっこういらっしゃいます。

今週ご紹介の記事はそんなあなたに朗報の、有意義な『朝活』を続けるコツについてです。

 

今週の紹介記事はコチラ←

平成28年9月14日

今週紹介する記事は、もともとセルフカフェからスタートした当店が、開店して10年を経るまでに行きついた、方向性、あり方を 書いた記事です。

 

10年前から今日までで、スカイツリーの完成や東京オリンピックの誘致などの影響で、浅草の観光客は増加し、当店周辺も1店しかなかった競合店が4〜5店にもなりました。

 

当店以外の競合店はすべて大手資本。その厳しい環境の中で当店がお客様に支持され存続していくためには?

今週の紹介記事はコチラ←

マスター下田勇人より

このページをご覧頂きまして、大変ありがとうございます。
10年前の2006年、飲食店激戦地で、歴史と由緒ある「浅草」で、この「クローバーカフェ」はオープンしました。節目である今年から、当店のキャッチフレーズを
 
 “40代からのあなたの為の、しあわせ喫茶店” としました。
 
ここでいう「40代から」とは、
他に流されることなく、自らの経験と判断とで、ご自身の「心地よさ」を手に入れる事ができる、本当の意味での「大人」を現しています。
数多く展開している大企業のカフェチェーンではない当店の役割は、様々な世代の皆様に当たり障りのない接客サービスを提供する事ではないと、私は考えました。「当店ならではで、当店らしい」特徴において、心地よく楽しんでいただける、そんな大人の貴方だけに、happyなひと時をご提供いたします。

 
私は、10年間の店舗経営と共に、様々な経験と想いを重ねてきました。

10年前ではない今だからこそ、私は、あなたの幸せな笑顔のお役に立てると確信しています。
 

大人のあなたに、当店を選んでいただき、ご来店頂ける事を私は心より願っています。